FS第2回目の公開研終了

だれがこの記事に気づいてくれるかなあと・・・。なんと第1回目の公開研終了から第2回目終了まで一度も更新なしなんて。理由はFBを中心に情報をアップしていたからなんだけど,検索で引っかかってくる記事のためには,ブログに載せる必要があるし・・・・というか,広く情報を公開することの重要性を考えると,このままブログを止めておくのも何だし・・・・とちょっと立ち止まって考えてみた。

― posted by 本人 at 10:47 pm commentComment [2]

第1回公開研終了

 今年度第1回目の公開研が終了した。諸事情のためかなり制約のあった中での授業を先生方は考えてくれた。まずもって,感謝。たかが100台のPCでも,同時にいろいろな使い方をすると,うまくいかないこともある。だが,数多くのスタッフの方々の協力と,臨機応変の授業者の対応で無事終了。
 早くも次の公開研の授業についての構想を練り始める先生方に頭が下がる思い。(そうだ,FSは確かにその当時の皆さんに承諾を得て受けたけどなあ・・・)と思い出した。
 ちょうど本日またぶっ飛ぶような連絡を見ながら,本当にこれでいいのかと,自問自答しながらため息。盛り上がった反省会のあとなのに・・・。気になって寝れなかったらどうしよう?

 あ・・・今日はたくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。ばたばたして十分な挨拶もできていない方もたくさんいます。大変失礼しました。素朴でおとなしくて通常運転の様子だったとご感想をいただきました。まあ,いろいろ諸事情もありまして。2月にはさらにフューチャーな授業展開を考えていきたいと思います。第2回は2/17です。

― posted by 本人 at 12:05 am

学びのイノベーション&セキュリティフェア

 今日だけの参加となったが,非常に有意義な会であった。赤堀先生からは,日本と世界の比較では,小中高大成人・・・と年齢が進むにつれて学力が下がっている日本についての話。習っていない問題については,解くことができないという特徴。特別支援のためのICT利用は,当たり前であると言うことなどの話があった。また,「待てない」人間が増えていることと自分の都合で成り立っているメールやITなど,機械と人間を同じ考えてはいけないと言うことをどこで教えるのか?など時間があっという間に過ぎた。
 藤村先生からは,校務の情報化について,今あるものを電子化しただけではだめで,校務の情報化によって,高付加価値を実現することが,本当の意味での校務の情報化であるという話があった。この視点はとても大事で,今後の進め方に生かしていこうと思った。
 それにしても,教育情報の標準化や印鑑の必要性の話,クラウドに置くときの注意点など,まさにどんどん進んでいるこれらの検討について,早くも実現していっている自治体がたくさんあること,政令指定都市でも取り入れられていることなど,のんびり構えている教委などは,困るのではないかという気になった。
 現場が思っている以上に急速な進み方をするのではないかと思った。大変有意義な研修会だった。
 

― posted by 本人 at 11:22 pm commentComment [1]

JSET全国大会

 今回は首都大学東京南大沢キャンパス。南大沢駅を降りるとすぐにアウトレットモールを抜けて大学。駅に近いし,華やかな場所だ。おまけに秋晴れで青い空が美しい。

DSCF1989


 これまで10数年この全国大会に論文投稿し,発表をし,質問をしてきたが,今回のシンポジウムでは,「研究」とは何かについて,よく考えさせられた。そして今自分が何をすべきなのかについて再認識した次第だ。
 特に現在FS等の国の重要な事業を担っているだけに,そのプロセスや結果の出し方,現場での動き方など,いろいろな方にアドバイスをいただいたことが良かった。
 さて,今回の私の発表は,「1人1台の環境がもたらす児童のコンピュータスキルの向上」というテーマ。簡単に言うと,こういう環境の時,子どもたちのコンピュータスキルがどんなに変化するかということ。調査の結果,フォルダについての操作のスキルがかなり向上しているということ。そしてそれが授業支援システムとの関係があるということ。
 つい研究的な視点で話をするので,ネガティブな話が多くなるが,ポジティブな効果についての質問があった。もちろん多くの効果は感じているが,自分のPCとして,とても大事に使っているということ,PC利用のルールをしっかり守っているということがメリットといえる。
 そんなこんなでスタートした全国大会であるが,メディアリテラシーの重要性と,その教育が実施できていないことの危惧を感じた。これからの日本の存在を決める重要な項目であるため,とにかく危機感を持った。

 それはそれとして,発表者の中には,まだまだ原稿棒読みの学生がいることも驚き。結構出身大学の特徴が出ている気がした。少なくとも教育工学会での発表なのだから,それは最低限のスキルだろうと思ってしまうが,いくら研究手法が優れていても,伝える力が弱いのでは残念。

 院生時代の同僚Nさんの紹介で,羽田への直行便高速バスを予約し,台風が心配なので少し早めに帰還することにした。

― posted by 本人 at 09:57 am

公開研の案内

 フューチャースクールと学びのイノベーションの本校でのプチ公開研が11月2日に行われる。
詳細は,こちらLink から。
限定150名となっているので,お早めに。

― posted by 本人 at 09:51 pm

<< 2017.3 >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0150 sec.