仁淀川町ICT研修

 I先生からのご紹介で,仁淀川町へ。今日は振休なので落ち着いて向かえる。電子黒板をどのように利用するかということで,午後からの時間をいただいた。
 電子黒板の機能を3つのステージに分け,それぞれ30分ずつの模擬授業という内容を考えた。
1 電子黒板のオーソドックスな機能を使った利用
  部分拡大とペン書きの機能

2 他のメディアやコンテンツと組み合わせた利用
  外部のキャプチャカメラやデジカメ,YouTubeやGoogleEarthを組み合わせて利用する。デジタル教科書との組み合わせ。

3 子ども表現や思考のツールとしての利用
  電子黒板を使って,子どもたち自身が考え方を発表したり,図や写真を見て伝えたいことを発表する。

 模擬授業は,受講者が盛り上げてくれないとなかなか難しいのだが,そこはさすが,高知の先生方。和気あいあいと,そして楽しく研修をすることができた。
 20年ぶりにR33を引地橋方面へ通り,懐かしいなと思った。ついでに引地橋へ寄り,変わらぬ風景を懐かしんだ。研修を引き受けると,自分の考えを整理できるので,確かに準備は大変だが,自分のためになるなと思った。

DSCF7331


DSCF7325


― posted by 本人 at 09:23 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2011.2 >>
SMTWTFS
  123 45
67 89101112
13141516171819
2021 2223242526
2728     
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0136 sec.