昨日の新聞広告から

 日本教育新聞の紙面に,「子どもの教育が第一,少人数学級の実現を」という全面広告が掲載されていた。読んでみると,日本の小学校における1学級あたりの児童数はOECD平均が21.4人なのに,日本は28.1人らしい。
 また,よく話題に出される教育費にかけるGDPの比率が,OECD平均で4.9%に比べ,日本は3.3%であり,学力が高いといわれるフィンランドでは,5.7%というグラフも掲載されていた。ということでいろいろ言いたいこともあるが,事実の記載にとどめておこう。

― posted by 本人 at 06:57 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.10 >>
SMTWTFS
    123
45 6 78910
11 12 131415 1617
18 1920 212223 24
25 262728293031
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0116 sec.