鳴門セミナー2日目

 いつものように,早朝の「たむら」うどん。かまたま。新しく参加した先生も,そのおいしさに感動の声を上げてくれた。
 三橋先生の「数学における言語力」についての話が非常に興味深い。バジル・バーンステインの「限定コード」と「精密コード」の話から,数学の事例を取り上げ,相手が変わることで,生徒達は,数学の解法や説明の仕方を変えるという事例が報告された。
 この話は聞いていた先生からも大好評だった。なぜ相手を意識すると言葉が変わるのか,またその必要性などが「ストン」と落ちた気がする。
 理論と実践の両方が必要だと言うことがとてもよくわかった一瞬だった。

― posted by 本人 at 11:10 am

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.8 >>
SMTWTFS
      1
23456 7 8
910 11 12 13 14 15
161718192021 22
23 242526272829
3031      
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0169 sec.