気になる格言を書き留めて

ここ最近聞いた話で書き留めておこうと思った格言

1 「昨日の専門家は,明日の専門家とは限らない」
→それぞれの専門家は,日々勉強しなければ,専門家とは言えないということ。教師も,専門職としてなら,まさにその通り。

2 「たとえ30年間教師をしていても,自らの授業を反省しなければ,1年目のことを30年繰り返しているに過ぎない」(カーネギー財団理事長リー・シュルマン氏)
→これも,日本の多くの教師が取り組んできた『授業研究,授業改善』のことである。授業リフレクションの大切さを一言で語った言葉であると思う。

3 「学ぶ子どもは学ぶ教師から生まれる」(木原先生@大教大)
→秋は,公開研究会のシーズンである。全国でたくさんの研究授業が行われている。やらされている研究なのか,機会を捉えて,積極的に取り組んでいるのかという姿勢は,子どもたちの学びのモデルになっているはずである。
 年に一度くらいは外の学校に最も自分の興味ある授業を見に行き,教師の専門性を高めることが大切だと思う。

― posted by 本人 at 02:52 pm

 

実物投影機が激戦に

 教室用の実物投影機は,これまではL-1nが大きな幅をきかせていたが,ウチダが,VP-1という新機種を発売した。早速試用レポートといきたい。
 記述はいずれもL-1nとの比較ということで,書く。
○形状として,折りたたむことができるので,特別教室へ持って行くのには,非常に持ちやすい。また,専用バッグ(トートバック風)も入れやすく他の教材なども一緒に入れて運べる。
○ライトはないので,どうしても暗いものの場合は,ライト付きのL-1nの方が明るい画面になる。しかし,普通教室の場合は,どちらも画質は鮮明。
○カメラの前で手を動かしたとき,カクカクした感じが少ない。
○本体にはPCのVGA接続端子があり,ボタンで切り替えることができる。これはL-1nと同じ。しかしここで決定的な違いを発見。通常,私は,パワーポイントのスライドショーをデュアルディスプレイで実行しながら(発表者ツールの利用)その途中でカメラに切り替えることが結構多い。そのとき,残念ながらL-1nはカメラに切り替えてまたPCに切り替えたとき,スライドショーの続きが映らない。ところが,VP-1はスライドショーの実行中でカメラに切り替えた後,PCに切り替えても,そのままの状態でスライドショーを続けることができる。このことは,非常に大きい機能の違いだと感じた。
○定価ベースでの比較として,VP-1は65,000円。L-1nが115,000円。
○L-1nはWebのカタログLink が充実しているが,VP-1は,学校を回ってくる教材取扱店の実物カタログでみるしかない。今Webで見えるのはOEM元のこれLink くらい。

DSCN5216


― posted by 本人 at 02:26 pm

<< 2008.11 >>
SMTWTFS
      1
23 4 5 67 8
9 1011 12 13 14 15
1617 18 19 2021 22
2324 2526 27 28 29
30      
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0180 sec.