基準は,結局感覚か?

 日々いろいろな事件や事故,問題発言などでワイドショーなどが騒いでいるが,問題が起きて,謝ったことになっていないとか,謝り方が足りないとか,もっと早く謝る必要があったとか,・・・結局その基準って,何だろうかと思う。
 ワイドショーなどでは,切り取られたインタビューによって,どんな風にでも一般市民の声を作ることができるし,その番組を一生懸命見ている人の存在,そしてそれを提供しているスポンサーの関係など,ほんとうに「この国は何なの」という感じ。
 だから,サービスと客の関係が崩れかけているシーンをよく店で見かけてしまう。店員の説明が足りないとか,待たされすぎたとか,とにかくみんないらいらしているような気がしてならない。
 様々な値上げや年金問題,税制や偽装,天下りなど庶民が「おおらか」にすごせない社会がじわじわと迫っているようで,悲しい。いったいこの国はどうなってしまうのか。困ったもんだ。

― posted by 本人 at 07:53 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.2 >>
SMTWTFS
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 1112 13 14 15 16
1718 19 20 21 22 23
2425 26 27 28 29  
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0174 sec.