旭からの帰り

 中央小からの帰りは東京駅までのバスを申し込んでいたので,D君らと一緒に乗った。・・30分後,土Iくんいわく,「このバストイレ着いてますかね?」どうやらもよおしているらしい。運転手さんに聞く「トイレ休憩ありますか?」「ないです。」「止まってくれませんか?」「いや,指示がないので止まれません」
 さあ大変。最前列の我々は,まず担当者の方の連絡先を探したが,バスチケットには書いてあったが,ほかの資料にはない。本社に電話をすると,土曜日は休みだと。さあそれからが大変。いろいろ連絡とれそうな人に電話をしながら結局わからず。その大変な雰囲気を感じてくれた運転手が,「では次で止まります」とアナウンス。何とか事なきを得た。D井くんは,真剣にペットボトルを考えていて・・・。
 もし止まってくれなかったら,どうなったことか。結局たくさんの人もトイレに降りたので,土I君のおかげだといえるかな。大変だったよぉ・・・

― posted by 本人 at 05:58 pm

 

大会に参加しての総括

 2日間の大会に参加して,いろいろ感じたこと,考えたことをまとめてみる。日本では,コンピュータ自身を教えるという授業実践は,このような大会の発表では,全然みられなくなってきたし,職業教育ではないんだという認識は,すべての人が持っているはずである。
 しかし海外をみると,コンピュータの力をもっときちんとつける必要があるという認識の上で,結構実業高校並みのスキルトレーニングを小さいうちからしっかりやっている。PISAのコンピュータに関する生徒の能力比較では,ものすごくスキルが低かった日本のことは,あまりマスコミで取り上げられなかったが,実は大変な問題になっているのではないかと怖くなってきた。
 海外のいろいろな国では,スキルトレーニングも重要視している。日本は,それもやらないし,かといっていわゆる情報教育の実践も,非常に差がある。いろいろな発表を聞く中で,じゃあ,最終的に何をどうすれば,いいのか−これは,出口の見えないトンネルかもしれないが,この差の現実をみたとき,やりきれない気持ちになるのは,私だけではないと思うが・・・・。
 ICTを使った授業実践をする先生は爆発的に増えてきているし,研究発表の中にも,優れた実践がたくさんある。その中では,授業の目的に迫るために,うまくICTを使っている状況がよくわかった。しかしながら,それらの実践を支える学校の情報環境において,情報セキュリティの厳格化によってより不便になってきているという矛盾がある。ますますこれらについてあちらこちらで問題化してきている。またひとつ,今私がすべきことについて,モチベーションが高まったといえる。
 ※ちなみに,シンポジウムではITCEについての誤解があった発表があったので,訂正しておく。ITCEは,技術レベルでのコーディネータではないんだけどなぁ・・・。

― posted by 本人 at 02:26 pm

<< 2007.11 >>
SMTWTFS
    1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 1314 15 16 17
1819 20 21 22 23 24
2526 27 28 2930  
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0182 sec.