地方間のアクセス

 この夏に宮崎と富山に仕事で行くのだが、四国地方からは、とても行きにくい経路をとらざるをえないのがつらい。田舎地方からでも東京に向かっては、たくさんの飛行機が飛んでおり、私の家を出て3時間で品川を歩くことができる。しかし、東京以外の地方には、2〜3倍の時間がかかる。これが結構大変。決められた時間につくためには、どうしようかと何日も策を練るが、どれもすっきりしない経路。
 富山についてはまず大阪に出るまでが3時間強かかり、そこからさらに3時間半なので、かなりの時間を費やす。以前は大阪と富山を結ぶ飛行機があったのに、なくなった。金が許せば、羽田経由の方が速い。
 一方宮崎も、数年前まで高知−宮崎便が飛んでいたのに、それもなくなっている。なので、福岡経由で行くしかない。
 いずれにしても、定期的に客がいないとどんどん路線が廃止されてしまう。まさに羽田の一人勝ちといったところ。
 東京と地方を結ぶ便はほんとにたくさんあるので、東京往復は不便を感じないからこそ、地方間の移動が見捨てられようとしているところに目を向けなければならないのかも。
 そうそう、四国に5番目の空港をつくったら・・・と思うときがよくある。川之江のあたりが一番いいと思うけど。実現しないかな。

― posted by 本人 at 10:05 pm

 

R&D

 今日は、来客もなく非常にてきぱきと仕事が進んでいった。まずは、OECDのキーコンピテンシーについてのまとめ記事の整理。そして、教育情報学会の発表用論文の最終確認。言葉を一つ一つ確認しながら、データを紙面の許す限り埋めていった。ただ、やはり字数の制限がきつい。やはりまだまだ調べたことをすべて載せようとしていることに気づく。もっと限定しなければというのを忘れかけている。
 共同執筆者の堀田先生や竹内さん山本さん@SKyに確認をしてもらった。堀田先生の添削メールがバンクーバーから到着。いつの間にかカナダだった。
 午後からは、昨年度末に急遽三好地域で教職員相手にアンケートした内容で、「三好地域の教職員は、1週間の間に、どんなソフトをどのくらいの時間使っているか」についてのデータを分析していった。これらの膨大なデータを前にして、どんな軸でみていこうかとマウスを走らせる。
 これがとっても興味深いデータとなっており、今年度のどこかの学会で発表できそうな感じである。特に複式を持つ学校とそうでない学校とでは、ある特定のソフトの利用時間が大きな差となっていることがわかった。三好地域の校務用PCを考える上で、大変重要なデータがとれたといえる。
 詳細については、また継続して報告したいと思う。

― posted by 本人 at 09:54 pm

<< 2007.6 >>
SMTWTFS
     12
34 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
1718 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0223 sec.