古いマシンの功罪

 午前中はR&D。特に文科省の「全ての教員のICT活用指導力の向上のために−教員のICT活用指導力の基準の普及・活用方策について−Link 」の文面を詳しく見ていった。結構な量があるので、すべてをみることはできなかった。かなり具体的な記述がたくさんあるので、これを中心とした教員研修のプランを考えていきたいと思う。
 午後からは、I小の特別支援学級のPCの設定。古い機械なので、skymenuクライアントのインストールや、不要な操作で誤動作を起こさないようにいろいろと設定をしていった。何にしても、これらの古い機械は再起動しても時間がかかる。いろいろな設定の途中で、HDDがカリカリと忙しく動きながら、時間だけが過ぎていく。やっぱり古い機械は世の中の時間を無駄に使うものだと思った。(別に今日の作業のことをとやかく言うものではなく、そういう作業を通していろいろなことを考えたので、書いてます。M先生、気にしないで)
 古くてもいいから、ものを大切にいつまでも使うというのは、パソコンの世界では、時間をとてもロスする結果につながる。時間の無駄というみえない損失は、社会全体ではとても大きいと思う。世の中には、リプレイスをせず長期間古いマシンを使い続けなければならないような職場も多いと聞く。それって、じつは時間というもっとも貴重なものを失っていることになっていることでもある。
 それにしても、これらの作業の間、同じ部屋のPCのCD部分からアリがたくさん出てきたのはびっくり。PCの中にアリが住んでいる。こういう光景は滅多に見られるものではない。

― posted by 本人 at 09:58 pm commentComment [2] pingTrackBack [0]

この記事に対するコメント[2件]

1. feela — May 2, 2007 @23:36:55

こんばんは。今日は半日がかりで、設定をしていただいてありがとうございました。古くても使えるのだからうちの学級にとってはとてもありがたいこと。シャットダウンさえしなかったらスムーズに使えそうで嬉しいです。新学期になってから続けて2台も設定していただいて、先生には感謝、感謝です。寒い間出てきていなくて長いこと見ていなかったアリが今朝PC近くに数匹いるのを見つけて、もう5月だから暖かくなって出てきたんだなと思っていたんですが、午後、CD部分からたくさん出てきたと聞いてびっくり。早め早めにアリスプレーで退治をしておかなきゃと思いました。今日は本当にありがとうございました。

2. administrator — May 3, 2007 @13:28:14

気になりながらなかなか作業できなくて、お待たせしました。子供たちにとってのPCは、意欲付けやご褒美に大切なアイテムですよね。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2007.5 >>
SMTWTFS
  1 2 3 45
67 8 9 10 11 12
1314 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0158 sec.