デジタル教科書とツール

デジタル教科書に関する報告書を手に入れたので,ざっと読んでみた。

もっぱらの私の興味は学習者用デジタル教科書について,どのような記述があるかということ。

どうしても「こんなツールが必要だ」というような記述が目につく。学びのイノベで実際にやってみたら,結局ツールが邪魔をして,肝心のコンテンツの動きが不安定になったり,指導者がとってもややこしい前作業に追われたりと,ツールは分けて考えるべきだという雰囲気になっているから,まずはその部分で議論というか,定義を決めるべきなのかも。

新年度がはじまるにあたり,そろそろ静観の殻をやぶろうかな。

― posted by 本人 at 10:00 pm

 

今日の成果

cec記録
パネルの赤堀先生の話から
FSのイメージはキャンパスモデル
海外の大学では,学生は四六時中勉強している。片手には必ずモバイルPC。彼らにかなうはずないと思った。
常にPCでネット接続して,勉強し,議論している。あまりに質問が多いものだから,オフィスアワーを設け,質問を受け付ける時間を制限しなくてはいけないほど。
FS校はそういうモデルなので,1人1台,無線LAN,そして協働教育というキーワード。
背景はこれで納得。

で,考えた。あとは,発達段階と適齢期の関係だろうなと。それが小学生なのかどうか。自分の結論は出ていない。
学習において,質の高い議論をするには,知識がなければできないだろうと,その後何人かのメンバーで話に花が咲いた。

またその後での話。思考を測るために,ペーパーテストの結果のみで判断は絶対できない。プロセスを測る仕組みがないのに,結果の正答だけでは,無理だ。
まさにそれを証明するがごとく,あるプロジェクトで結果がでている。
じゃあ,某プロジェクトで標準学力検査のペーパーで測っている学力はなんだろうな。

― posted by 本人 at 12:40 am

<< 2012.3 >>
SMTWTFS
    123
4 5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0146 sec.