いよいよ校務ソフトが競争時代に

 今年度下半期は,校務用グループウエアの開発競争が一段と激しさを増している。思えば2001年に旧池田町内で動き始めた頃,モノ足りなさを感じながらも,教員用グループウエアの便利さを感じつつあった。そんな頃小牧市でのエデュコムマネージャの設計のすごさを目の当たりにし,校務用のグループウエアに必要な機能が何かということで,色々考えるようになった。それ以後,少しずつ違うコンセプトで教員用グループウエアは増え続け,後発の製品ほど,よく研究されているなあと思う。
 前置きが長くなったが,今日ジャスト社の教員用グループウエアLink をためす機会があった。もちろんブラウザ利用だが,デザインが落ち着いていて,細部まで手を抜いていない。そして,ぱっと見てすぐ分かる情報がきれいに並んでいる。エクセル連携などの機能は,ほかのグループウエアにもあるが,かなり使いやすい内容である。発売はまもなくということだが,校内サーバへの負担を減らす工夫や,学校ならではのスケジュール管理の方法など,これはなかなかよくできている。
 少し気になる部分と,さらに教委連携などについての発展性を意見して,試用は終わった。とにかくすぐ使える感じが,情報の配置とデザインから見えてくる。相当アフォーダンスを考えているのではないかなと思った。非常に期待できる。

― posted by 本人 at 11:07 pm

郡市コンピュータ作品コンクール審査

 今年で18回を数える。三好地域の教育のICT発展の歴史と共に,歩んできたこのコンクール。今年も約620点の応募があった。三好地域の子どものコンクールとしては最大の応募者数。
 年とともにその傾向も変わり,今年はまた力作揃いで,審査員もずいぶん悩んだようであった。今年の場合は,ウチの学校では当然個々のタブレットPCを使わねばと頑張ってみたが,例のペンとマウスカーソルがずれる不具合によって,予定した時間の倍かかってしまった。こんなことならはじめからPC室でやっておけばよかったのにと後悔しても遅いので,直前まで頑張って予定数を仕上げた。(ホンマに大変だった。仕上がりの時間が一人一人違うので・・・やったことのある先生は分かるでしょう)
 このように現場では税金が無駄にならないようにと,一生懸命使おうと努力しているので,早く不具合を直してほしいなあと・・・。(結局そこか!(TT)

DSCF5187


DSCF5192


― posted by 本人 at 10:45 pm

2種類目のIWB

 今日は朝から本校2種類目のIWBの工事。音楽室と理科室。わん曲黒板でも,上下スライド式黒板でも邪魔にならないサカワ製のIWB。ベースはスマートボードなので,とにかく描画速度が速い。また圧着センサー方式のため,描画点のズレと誤反応がない。デモでこのあたりを本校の先生方にさわってもらうと,その良さを実感してくれた。これは,すでに使っているIWBとの比較ができる状況だからこそと言える。
 黒板を上下に挟むこのタイプは,非常に好評。そして,この反応の良さ。ただ,付属ツールについては,今の日立のIWBの方が断然使いやすいということで,一長一短だという率直な感想。本校の先生方は,IWBについて,この数週間で相当使い込んでいるだけに,一つ一つの感想や要望にとても重みがある。そして,本当に必要な機能がどのようなものか,実感として分かっているところが強みである。
 ちなみにどちらも77インチ。超短焦点プロジェクタ利用。今回はEPSON製
音楽室用(わん曲黒板用) ↓ 

DSCF5135


理科室用(上下スライド黒板用)↓

DSCF5153


― posted by 本人 at 12:51 am commentComment [2]

出会えたこと全ての日々素直に今ありがとう(by remioromen)

 めずらしく大河ドラマにはまってる。脚色はあるだろうが,龍馬という人物のすごさが,どんどん伝わってくる。とにかくそこに行って,その人と話をして,その人と友だちになって帰ってくると言うことをたくさんしていることがよく分かる。そのために,全国各地に,龍馬のことを友と思ってくれる仲間がたくさんいて,結果的にその人達の助けを借りて,自分のピンチを切り抜ける。
 現代の話で言うと,国と国の間の困り事について,トップ同士が友だちかどうかと言うことが,実は大きな意味を持つのではないだろうか。友好と言う言葉は簡単だが,奥が深い。わたしも今回の事業におけるいろいろな困り事に対し,ずいぶんたくさんの方に助けられている。非常にありがたいことだと思う。だからこそ,何らかの恩返しになることをしなくては。

― posted by 本人 at 09:15 pm commentComment [4]

校内研修

 紆余曲折ありつつも,教員の電子黒板利用は,ほぼ日常的になり,子どもたちがPCを自分の机の上で使う機会も増えてきている。さらに,教師PCからIWBをコントロールする方法についての研修を今日は行った。
 どうしても既存のシステムとの違いに戸惑いを隠せない。個人フォルダの様子や画面転送の不自由さ,画面ロックと教師画面提示の進め方など,特に担任を中心に,短時間ではあったが研修。ICT支援員さんの準備がよいのと,ツールの完全にマスターしているところが,本当に助かる。
 で,ペンのズレの件は,改めて検証すると,MSペイントではおこらないのに,JSスマイルではおこっていることがあり,ますます原因が分からなくなってきた。???

― posted by 本人 at 10:46 pm

<< 2010.10 >>
SMTWTFS
     1 2
34 5 6 7 8 9
10 1112 13 14 1516
17 1819 20 212223
2425 2627282930
31      
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0373 sec.