この夏の挑戦

・・ということでもないが,校内の放送設備が壊れたので,新しいアンプを買ってくれたのはいいが,その配線は私の仕事。チャイムからの信号をリモートで電源を入れたり,職員室からのページングマイクで放送できるようにしたりと,結構配線をたどるのに時間がかかった。中でも各エリアのスピーカーの線を見つけるのがまた一苦労。結局2日を費やして,完成。

DSCN8543


 そして天吊りの新たな方法へのチャレンジ。天井が取り外せないタイプの天井に直接つり下げる方法を考案。写真の通り。これだと,設置にかかる時間が大幅に短縮。

DSCN8564


 極めつけが,校内電話システムの構築。多機能電話+内線システムを,何とか学校の電話に使えないかとボードとにらめっこ。一応内線同士の通話ができるようになった。ただし,コードレスはまだ。手強そうである。
 つくづく理系の血が騒ぐというか・・・・さわりながら得た知識と経験が自分のものになっていく喜びがある。

DSCN8572


― posted by 本人 at 11:15 pm commentComment [2]

鳴門セミナー2日目

 いつものように,早朝の「たむら」うどん。かまたま。新しく参加した先生も,そのおいしさに感動の声を上げてくれた。
 三橋先生の「数学における言語力」についての話が非常に興味深い。バジル・バーンステインの「限定コード」と「精密コード」の話から,数学の事例を取り上げ,相手が変わることで,生徒達は,数学の解法や説明の仕方を変えるという事例が報告された。
 この話は聞いていた先生からも大好評だった。なぜ相手を意識すると言葉が変わるのか,またその必要性などが「ストン」と落ちた気がする。
 理論と実践の両方が必要だと言うことがとてもよくわかった一瞬だった。

― posted by 本人 at 11:10 am

鳴門セミナー1日目

 たくさんの実践発表が次々と行われる。教員だけでなく,校長や,研究者,大学院生・・・・同じステージでこの1年間の実践を振り返りながらの発表。「はっ」とする内容に,うなってしまう。今日最も感動したというか,「すごい」と思ったのが,大岱小Link の実践。学校を変えるというのは,ものすごいエネルギーが必要。感動した。今年度最も注目できる学校といえる。この学校のWebページに,その改革の足跡がたくさん掲載されている。1月の公開研は土曜日に開催。学校を休まなくても参加できるのがありがたい。

― posted by 本人 at 02:39 pm

鳴門セミナー(前日)

 同じゼミで2年間苦楽をともにした野口さん,河野さんと今年鳴門セミナーLink に参加する方々と小宴会。学校が終わってから駆けつけたので,20時近くなってしまったが,久しぶりの同ゼミ生との話で盛り上がった。昔話に花を咲かせながら,しかしそれぞれの学校での喜びや楽しみなどの話で盛り上がった。
 ここには書けないようないろいろなネタもたくさん仕入れられたし,新しく参加する若い先生方と友好を深めた。我々教員は,特定の専門分野を詳しく研究することも大切だが,少しずつ専門性を広げ,幅広くどん欲に情報を集めることも大事であると思う。そのための手段として,このセミナーはおすすめだと思う。共通に流れているのは,よりよい学び。児童で考えれば,学習。教師で考えれば,教員研修。
 2学期からの授業や校内研究をがんばろうと思うエネルギーの充電になることまちがいない。

― posted by 本人 at 02:01 pm

阿波踊り

 ご存じ阿波踊りは徳島県内で少し時期をずらしながら開催される。私たちの住んでいる阿波池田のあたりでは,14日〜16日の開催となる。徳島市内に比べて,規模はもちろん小さいが,こぢんまりとして風情がある。桟敷は有料だが,桟敷に座らなくても十分見える場所もたくさんある。そしてなにより,阿波池田駅の隣の「へそっこ公園」では,ステージ上で様々な工夫を凝らした踊りのパフォーマンスが無料で見られる。これがまたよくできていて,見る人を十分楽しませてくれる。変化のある踊りが繰り広げられるので,非常におもしろい。駐車場も無料,観覧も無料というありがたい踊り会場なのだ・・・。

― posted by 本人 at 08:53 am

<< 2009.8 >>
SMTWTFS
      1
23456 7 8
910 11 12 13 14 15
161718192021 22
23 242526272829
3031      
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0192 sec.