英語ノート用にタブレットPC

 辻小M先生が「英語ノートには,タブレットPCとの相性がよい」ということを教えてくれたこともあり,今回英語学習用のノートPCとして各学校にタブレットPCLink が配付された。
 早速英語ノートをインストールしてみた。なるほど,操作性は抜群。そして音がクリアでかなり大きな音になるので,外部スピーカを使わなくても,かなりいける。
 英語ノート=電子黒板というイメージが大きく取り上げられているが,このタブレットPCを使ってみて,タブレットPCとの相性がよいことを実感した。
 あとは,何時間か実際の授業で使ってみて,どうなのかというところだが,ほかにも使い道がいろいろあるはず。とても楽しみである。

DSCN7947


― posted by 本人 at 08:45 pm commentComment [2]

Doccica(ドッチーカ)に移行

 これまで,モバイルPCからのインターネットアクセスには,b-mobileのPHSカード(Hours)を使っていたが,今月末で期限が切れるので,次にどのようなものにしようかと思案していたが,DoccicaLink にすることにした。たしかに,これまでのPHSでは手軽であるが,どうしてもエリアの問題と速度の問題があり,とりあえず使えるが・・・という感じで使っていた。
 そろそろ3G型の通信カードをと思っていたが,現場に勤務しているような使い方としては,使い放題よりは,期限が決められていてもコストが安い方がよい。そこで,チャージ型の通信カードとして,今回Doccicaを購入した。なによりもその接続方法が非常に簡単。インストールもすぐ終わり,接続も早い。これは,時間で区切られているので,私の利用スタイルとしては適していると思う。
 これまでウイルコムのケータイも持っていたのでそれを変更してウイルコムの新しい通信カードに変更しようかとも思ったが,b-mobileは,時間制。ウイルコムのはパケット量制。ということで,画像アクセスやskypeなどの利用をする可能性があることを考え,時間制の方がお得だろうという判断になった。
 これまではCF型だったので,PCに差し込んだまま使えていたが,今回のはUSBスタイル。使うときに差し込むという手間がかかるのが,ちょっと難点かも。
 いずれにしてもFOMAエリアで利用できるので,それはありがたいと思う。

― posted by 本人 at 11:41 pm

ケータイシミュレータを使った授業

 skyのケータイシミュレータを使っての授業を行った。skyからは,木村さんや田口さんが見に来てくれた。どうせならということで,空いている先生方にも授業参観をお願いした。
 実践ガイドに掲載されている「パケットって何」という内容で,授業を計画した。今年は現場で授業ができる環境であるため,やはり机上で立てた授業案とはまた違って,随所に修正箇所が生ずる。なによりも,目の前の子どもたちの反応を予想しながらの授業計画となるので,細かいところまでのいろいろな準備が必要である。
 携帯電話におけるパケットの考え方は,大人であってもよく知らない人も多い。今日は4年生ということもあり,できるだけ簡単に話を進めていき,とにかく文字だけのコミュニケーションより,写真を添付することで,いかにパケットが増えるかということを体験的に感じてもらえるようにした。
 これにはこの携帯シミュレータのパケット量確認機能が有効に働く。しかも金額が目安として表示されるのが,実感を伴ってよかった。パケ代を払っているのは,メールを送る方?送られる方?などという発問も子どもだけでなく,参観していた先生方も「どっち??」という声が聞こえてきていい揺さぶりができたと思う。
 ・・・・とこれらについての詳細は,
日本教育新聞社の教育ソリューションフェア2009 in 東京Link にて一日目の分科会【分科会】14:15〜16:00パネルディスカッション 新学習指導要領における情報モラル指導の実際〜携帯電話についての指導と体験ツールの活用〜進行:中川一史・放送大学教授
にて発表の予定。

IMG3577


― posted by 本人 at 09:01 pm commentComment [2]

免許更新関係での注意点

 県教委から電話があり,「添付している免許証のコピーは,専修免許証であり,今回の免許更新に関する元になっている免許証の写しが必要である」ということだった。
 まとめるとこういうことだ。

 更新免除申請においては,現有の免許証についての記載をしなければいけない。そこには,当然現在持っている「専修免許」に関する情報を書く。しかし,添付する免許の写しにおいては,大学卒業時にもらった「1級(1種)免許証」が必要であるということ。つまり,途中で専修免許をもらった者は,その手続きにおいて,免許証の写しが2つ(1種,専修)いるということ。
 このように途中で免許をアップグレード(っていうかどうかは別として)したケース(2級→1級)も結構多いと思うので,注意が必要である。

― posted by 本人 at 09:16 pm

教員免許更新講習免除手続き

 昨年度,この免許更新のための予備講習をすべて完了したため,今回の更新においては,講習完了という扱いではなく,講習免除という扱いになる。というわけで,今日その手続きを郵送した。
 関係書類の作成と,更新講習受講免除手数料3,300円(ようは更新にかかる手数料と同じだが)を県の収入証紙にて,支払う。県の収入証紙は郵便局では扱ってなく,銀行まで行かなくてはならなかった。学校のすぐ近くに郵便局があるのに,銀行まで行ったので時間がかかった。
 で,これらの申請書一式は,県教委まで郵送ということになっているが,証紙が入っていることと,受講終了証明書が入っているのだから,封書で,そのまま送っていいのかという疑問が生じた。
 校長と相談した結果,これらの書類を送ったつもりでも相手先に万が一届いていなかった場合,大変なことになるので,簡易書留にして送ることにした。やはり,扱い的にはいろいろな願書などと同じ扱いでいいのではないかと思った。このあたりは,これから先話題に上るのだろうと思う,

― posted by 本人 at 10:07 pm

<< 2009.6 >>
SMTWTFS
 1 23 4 56
7 8910 11 1213
14 15 1617 1819 20
21 22232425 26 27
28 29 30    
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0205 sec.