タイトルなし

e-とくしま推進財団Link より,今後の県内のICT化サポートについての意見交換のため来所。昨年度の文科省の報告をふまえながらのICT支援員や教育CIOに関しての情報交換などを行った。

― posted by 本人 at 11:26 pm

大阪へ

 JAPETの情報モラルセミナーへ参加するため,同僚の石丸号でWTC(ワールドトレードセンター)へ。4インチアップのデリカシャモニーは,ながめも良く快適。途中阪神高速の事故の渋滞情報があったので,垂水ICで下り,学園都市駅前経由の山麓バイパスで生田川経由の湾岸線という経路をたどり,予定どおりの時間で到着。
 会場はとても豪華で,机や椅子の配置もゆったりしており,快適な会であった。このWTCは,西日本一の高さを誇るビルと言うことで,会の終了後展望台へ。帰りもETCカードを抜き差ししながら通勤割引適用になるように,(橋の計算がまた大変なんだけど)して,とりあえずうまくいったようだ。21時30分に無事帰還。

― posted by 本人 at 08:49 pm

学力向上研修第2回

 5月に続いて第2弾。PDCAのCに当たる部分である。今日の進め方については,次の通り。


DSCN2828



(1)それぞれの学年で取り組んでいる「学力向上策」を具体的に書き出す。(5分)
(2)用意しているワークシートにはりつけていく

g1


(3)それぞれの付箋(具体策)を貼った下の欄に,「その方法で,どんな力を育てたいのか,またどんな力が育つのか」について,新しい付箋で記入し,はりつける。(8分)

g2


(4)各下側の付箋(つまり,つけたい力を書いたもの)を外しながら,もう一枚のワークシート2にはりつけ直す。このワークシート2は,前回のWSにて,本校の課題だとされた共通理解項目である。

g3


前回課題とされた項目はたくさんあるので,その課題について,(3)の付箋を貼り直すためにスペースをとると,A3横置き4枚組にもなった。

g4



(5)課題とされたことと,つけたい力が合致しているかを確認しつつ,空欄になっている部分は,課題に対して策がとられていないということが目で見て分かるので,グループで,見えてきた学力向上対策の課題と,改善提案を書き込む。(10分)

g5



・・・・ということで,今日のWSは終了。本日の目標は「Check」なので,各グループで「内容」「方法」「目的」をいつも確認することが大切であるということを意識づけられたように思う。
 私としても,最近のWSでは,絶対ワークシートが必要であるということを痛切に感じている。この機会により,また新しいWSの方法を開発できたことに,感謝したい。

― posted by 本人 at 06:13 pm

教員免許状更新試行講習について考える その2

 受講確認の通知には,次のものが同封されていた。
(1)申込書・・・氏名などの情報の他,免許証種類,さらに,それらを確認するための「証明者」記入欄。通常は,所属長が証明をするのだろう。氏名と印鑑。さらに,顔写真を貼り付けるようになっている。おそらく受講に際しての,本人確認をするためだろう。
(2)アンケート・・・この講座を申し込んだ理由を記載する
それぞれの受講科目について,どのような課題意識があるのかを100〜200文字程度で記述。
(3)そのほか・・・会場地図や,日程などの連絡。昼食についての連絡が書いているのはよい。土日だけど学食があいているとのこと。また,緊急連絡先(担当者)のケータイ番号を記載しているのもよい。土日の講座となると,こういう部分の配慮が大切だ。
 これらの提出資料を7月3日までに郵送し,出していない場合は,欠席ということ・・つまり受講できないということらしい。
 はじめは,受講OKの場合,メールで通知するということだったが,今回は郵送してくれた。これは,この方がいいだろう。メールを送った、来てないの話になるとややこしいから。

― posted by 本人 at 12:50 pm

 

教員免許状更新試行講習について考える その1

 平成23年度からの免許更新に関して,昭和40年生まれの私は,一番先に免許更新の時期を迎える。そこで,本年度の免許講習の試行を受講し,具体的にどのように進められているのかを書き綴っていこうと思う。
 ちなみに,免許更新のための講習は,日本全国どこでも受けることができるが,わざわざ他県に行くのもなんだし,十分な講習日程をアップしていない近県の大学も多いので,鳴教大に申し込むことにした。

(1)5月下旬に受講案内が手元に届き,早速申し込み(FAXのみで申し込みとのこと)
(2)すぐに電話がかかってきて,申し込みFAXは,6月1日以降にしてくれということで,6月2日にFAXを再送。(ただ,FAXが本当に届いているかどうかは,ちょっと不安だった・・メールやwebフォームの場合は,申し込み内容の返信メールが来るので,やはりそれが安心)
(3)6月中旬に受講についての通知が郵送されてきた。今回受講申し込みをしたすべての内容が受講できることになった。
・教育の最新事情(三好会場)
・子どもの発達に応じる音読・音読指導と絵本の読み聞かせ(鳴門会場)
・教室で実践できるたのしいものづくり(鳴門会場)
期日は,7/12・13と8/2・3だが,7月の分は,3学期制の学校の教員は絶対無理だろうな。
 また,夏休みの場合は,土日でなくてもいいのかもしれない。というか,本格実施の場合,夏休み中の土日は保護者相手の行事が結構あるので,かえって難しくなる可能性もあるのではないかと感じた。

― posted by 本人 at 12:39 pm

<< 2008.6 >>
SMTWTFS
12 3 4 5 6 7
89 10 11 12 13 14
1516 17 18 19 2021
2223 24 25 26 2728
2930      
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0212 sec.