家庭訪問

 いつもは家内が対応しているが,今年は都合がつかず,教師になって初めて,家庭訪問を受ける側として先生を迎えた。いつもとは逆の立場。お世辞と分かっていても,我が子をほめられるのが,こんなに嬉しいとは。(親バカ)
 いろいろな様子をよく見てくれているなと思うと,親として本当に安心する。「この先生にまかせておけば安心」と思うものだなと今さらながら,気づいた。
 「立場を替える−」これは,ものすごく大切なことだといえる。道徳の授業でも「役割演技」が心情を導き出すのと同じだと思う。どのくらいそういういろいろな立場に立つことができるのかというのが人間としての幅を決めるような気もする。
 とはいうものの,頭で分かっていても,当事者になると自分のことで精一杯というのがほとんどだろう。

 さて,今日は,U小で先日のプリンタドライバの英語版を日本語版に直す作業を行った。インストーラ付きの日本語のプリンタドライバをセットアップすれば終わりだろうと思っていたら,そう簡単ではなかった。普通に完了したので,プロパティを見てみると,英語版のまま。しかたがないので,プリンタを一度削除して,もう一度日本語版をきちんとセットアップ。しかし,プリンタドライバはアンインストールではなく,単なる削除なので,どうやら必要なファイルはPC本体に残っているようだ。
 ということで,英語版のプリンタを設定した前日までシステムを復元し,新たに日本語版を入れ直した。これで,完了。やれやれ。

― posted by 本人 at 10:47 pm pingTrackBack [0]

skymenuの導入研修

 今日は,H小でのSKYMENU導入研修。なぜ6年間通しの個人フォルダなのか,画面転送や,ロック機能,パスワードを自分で変更させて管理させることの意味などを中心に,実技中心の研修を行った。
 今回用意したレジュメは,主要な操作画面をデジカメで撮影したものをエクセルにはりつけて,それぞれの画面操作の説明を写真の横のセルに書き込むという様式を用意した。
 まず,スクリーンショットでなく,デジカメで撮影した理由としては,画面の位置のイメージをつかんでほしかったから。
 それから,「こんなことができます」ということがらを絞ったレジュメで軽くつかみの話をして,そのあと,子どもの操作(個人フォルダやブラウザの認証,各アプリの保存場所との関係,パスワードの変更)を説明。
 そのあと,教師の操作として,コンピュータ教室の管理画面,名簿管理,画面転送,ロック,電源制御,お気に入りの転送についての話をした。
 今回の資料は,画面ショットで24枚。表計算のシートを使っているので,空いたところに自分で書き込むことができる。つまりどちらかというとワークシートに近いようなものだった。
 現場に応じた研修をするために昨日は半日H小で準備をし,昨日の夜,今日の昼と,1時間の研修でも,準備する内容は結構多い。

 余談だが,巷では学力向上のために授業時間を増やしたら等と簡単にいうが,その授業を支えるための準備の時間を,何倍も費やしているということを知っての発言かなとおもってしまう。

― posted by 本人 at 10:43 pm pingTrackBack [0]

バリウム

 今日は,職員の健康診断で,一番イヤなバリウム・・・。何がって,バリウムを出すための下剤がいつも効かない。早く出さないといけないというプレッシャーからその日一日はおちついて仕事ができない(なんのこっちゃ)。とはいうものの,T小から印刷ができないとの朝一番の連絡。昨日,プリントサーバで色々設定したから,それが原因ではないかという連絡。さっそくいってみると,校内サーバが起動していない。夕べの落雷でしばらく停電が続いたようだ。短時間に何度も切れたようなので,UPSからの復帰も無理だったようだ。起動させると何事もなく完了。ついでに夕べarpで設定できなかったプリントサーバにIPアドレスを振り,無事設定完了。
 午後からはH小。SKYメニューの研修用のための準備。サポートセンターに何度も電話をしながら,H小に適した環境を作っていった。やっぱり,設定の場所がいろんなところにあるので,分かりにくい部分がある。
 Windowsログオンは,一度きり。個人フォルダを利用したり,ブラウザを利用したりするときにSKYUMENUのログオンを利用して個人認証するようにした。こうすることで,子どもたちがさっと交代するときに,非常に都合がよい。Windowsログオンと連動する方法もあるが,交代するときにWindowsのログオフが必要なので,ほんの少し面倒くさいのではないかとおもったからである。
 そのほか,簡単ログオンでは,ユーザ登録での「組」を必ず作る必要があることや,端末ごとの設定,ログオン時のドライブ作成(グループ機能)の設定など,いろいろな設定を学ぶことができた。そして,スマイルやバケッツのデフォルトドライブとして,SKYUMENUのフォルダを利用できるように設定を変更。もちろんこのときには,SKYMENUのマウス,キーボード制御機能が役に立った。(ただ,すでにデスクトップのアイコンの場所がちがっていたり,プログラムのメニュー位置が異なっていたりして,いうこと聞かないマシンもあったが)結構便利だった。
 今回の設定で,サポートセンターの何人かの人と話をしたが,対応の善し悪しは声に出てくるなと思った。今日対応してくれたIさんは,とても気持ちのよい受け答えだった。

 そうえいば,バリウムをボリュームと間違えて会話が続いている横で,笑いをこらえていた学生時代の自分を思い出した。とあるお茶会での,客同士の会話から・・・・
「あのボリュームというのは飲みにくくて大変ですね」
「そうですね。何とかなりませんかね。あのボリューム」
  「・・・・・・・」

― posted by 本人 at 05:56 pm pingTrackBack [0]

英語版で・・・

 今週がはじまった。今週もすでにいろいろな予定が入っている。今日はプリントサーバを2校分設定。ただ,いろいろな条件があるため,一筋縄ではいかない。最初はうまくいったものの,後から考えると英語版のプリンタドライバを設定してしまった。・・・というか,全員にそのドライバをとるように指示を出してしまったので,プロパティの画面が英語になっているはずだ。(汗)
 それにしてもN××のレーザープリンタのマルチ●●タは,用紙の融通が利かない。用紙を異なって印刷した場合は,その用紙を入れるまでずっと印刷がはじまらない。学校ではいろいろな大きさの用紙をいろいろな向きで使うので,「とりあえず印刷」みたいなことができない。その点キャ××は,どんな用紙でもとりあえず印刷できる。この点は僕は気に入っているのだが・・・。

― posted by 本人 at 12:11 am pingTrackBack [0]

メートル法

 昨日はメートル法公布記念日。日本では昭和41年に計量法が施行され,「坪」「寸」「升」などは使わないようにといわれ,それらを記した定規なども製造できなくなったとラジオで言っていた。
 でも,現在でもこれらの単位は生きている。それは日本の文化に合っているからである。これらの単位で仕事をしている人にとっては,メートル法は後からできた約束であって,彼らの文化にはなじんでないということなのだ。
 うーん,どこかで聞いたような話と似ていると思うけど(笑)

日を追うごとに,いろいろな学校を訪問するたびに,大きな問題がせまりつつあることに,胸が詰まる思いだ。

― posted by 本人 at 08:51 pm pingTrackBack [0]

<< 2007.4 >>
SMTWTFS
12 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 1314
1516 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
2930     
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0165 sec.