2種類目のIWB

 今日は朝から本校2種類目のIWBの工事。音楽室と理科室。わん曲黒板でも,上下スライド式黒板でも邪魔にならないサカワ製のIWB。ベースはスマートボードなので,とにかく描画速度が速い。また圧着センサー方式のため,描画点のズレと誤反応がない。デモでこのあたりを本校の先生方にさわってもらうと,その良さを実感してくれた。これは,すでに使っているIWBとの比較ができる状況だからこそと言える。
 黒板を上下に挟むこのタイプは,非常に好評。そして,この反応の良さ。ただ,付属ツールについては,今の日立のIWBの方が断然使いやすいということで,一長一短だという率直な感想。本校の先生方は,IWBについて,この数週間で相当使い込んでいるだけに,一つ一つの感想や要望にとても重みがある。そして,本当に必要な機能がどのようなものか,実感として分かっているところが強みである。
 ちなみにどちらも77インチ。超短焦点プロジェクタ利用。今回はEPSON製
音楽室用(わん曲黒板用) ↓ 

DSCF5135


理科室用(上下スライド黒板用)↓

DSCF5153


― posted by 本人 at 12:51 am commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. りん — October 20, 2010 @08:45:57

おお,サカワさんのボード入ったんですね。
見た目は大げさですけど,使って納得というところですね。
IWBに関してはうらやましくなってきました。
自分の職場にも欲しい…。

2. administrator — October 20, 2010 @22:42:12

 大きさ的には,満足です。またその機動性について,どの担任も,「これが理想」というつぶやきでした。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2010.10 >>
SMTWTFS
     1 2
34 5 6 7 8 9
10 1112 13 14 1516
17 1819 20 212223
2425 2627282930
31      
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0161 sec.