岡山県情報教育推進リーダ研修

 昨年から依頼を受けていたこの講座Link ,当初は朝出かける予定だったが,岡山市内からもさらに40分くらいかかることを忘れていたので,結局前日入りすることにした。前夜はNOB指導主事とイタリアン。男2人での食事というすごいシチュエーション(笑)ではあったが,じっくりと情報教育に関する話ができた。特に,今年度になってからの現場での話と,センターでの話が相互に情報交換できたことがとてもよかった。
 さて,当日は,私の担当が90分。各地教委や校長からの推薦を受けての受講者ということで,気合いが入る。特に校内のリーダとしての振る舞いについての話から,校内研修での目標の置き方,活動のバリエーションなどについて,これまで私が色々と取り組んできたことをふまえ,整理して伝えた。
 また,おきまりのパターンだが,なぜプロジェクタを天吊りにしなければならないのか,安全に吊るにはどういうことを考えなければならないのかなど,これまでのノウハウを色々紹介した。最後には,各自の情報教育リーダーとしての目標と,それに対する心情などについて,自己認識できるように個人内WSを行い,これから数回行われるこの研修のスタートとしての気持ちを高めてもらった。
 期待に添える話ができたか心配だが,このような機会をいただけるのは,自分にとっては非常に有意義なことである。ずいぶん昔,「コンピュータは自分の脳を映す鏡だ」ということを永野先生が話されていたが,まさに,プレゼンを作ることで自分の脳の中が整理されてくる。そういえばこんなプレゼンを作っていたんだということをあらためて思い出しつつ,相手に合わせて整理していくという作業は,非常に価値のある行為だと言える。
 昼食を食べて,すぐ総合教育センターを後にする。昼間ということで道もすいており,予定どおり帰路につくことができた。

― posted by 本人 at 11:44 am commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. NOB Website — July 4, 2009 @17:52:52

お忙しい時期にわざわざお越しいただき,しかも前泊までしていただき。ありがとうございました。確かに,すごいシチエ−ションでしたが(笑),イタリアンな夜は実に有意義でした。

リーダー養成の研修講座と言えども,参加者の実態は様々です。今後の活動の起点となるような情報をたくさん示したくださったことが,とてもありがたかったです。きっと参加者の今後に生きてきます。

今後ともよろしくお願いします。またそちらにもうかがいたいです。

2. administrator — July 5, 2009 @22:43:22

 とんぼ返りで申し訳ありませんでした。いろいろとご配慮ありがとうございました。情報教育部のチームワークを垣間見ました。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2009.7 >>
SMTWTFS
   123 4
56 789 1011
12131415161718
1920 212223 2425
262728 29 3031 
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0122 sec.