坂出府中小公開研

 パナソニック教育研究財団の研究助成校の公開研Link 。この学校は以前から特に算数科における習熟度別クラス編成(少人数)を研究し,実践している学校で,その実績の上に,ICTを利用してさらに効果を高めようというのが,テーマ。
 授業参観は4年生の少人数指導4クラス公開。各クラスの段階的目標が明確で,それに対する指導も,各クラスの特徴を十分反映したものであった。

DSCN5758


授業研究会で利用するための3色付箋と,会の進め方のフローチャートなどが参加者全員に配られ,そのシートにしたがって,授業を見て,後の会に参加した。参観者が付箋を読んでいきながら,模造紙に直書きでまとめていく府中小の教員のすごさが光った。普段の職員研修の進め方の様子が目に浮かぶ。

01


グループを代表してそれぞれ発表してくださった府中小の先生方も,大変発表がうまい。さらに,反対側の手はぴーんと伸びている。まさしく先生方の普段の授業の姿勢が,子どもたちにも伝わって,学校全体として,良い学びが進んでいることを実感した。
 子どもたちは大変明るく,人見知りをせず気軽に話をかけてきて,どの子も,笑顔がステキだったのが印象的だった。とても良い公開研だったのに,参加者が少なかったのが大変残念である。
 講演は,浅井先生@京都教育大。メディアリテラシーについての発達段階毎の目標や具体的活動について,話をしてくれた。

― posted by 本人 at 08:56 pm commentComment [2]

この記事に対するコメント[2件]

1. masui Website — December 4, 2008 @22:30:00

増井@丸亀市立城北小です。
本日は,府中小学校の公開研へお越しいただき,ありがとうございました。と,城北小の増井が言うのもなんだか変ですが,本当にありがたく感じています。思い起こせば,昨年のちょうど今頃から,パナソニック教育財団の研究助成を申請するかどうするかといったことを,校内でずっと話し合ってきました。同じ特別研究指定の富山市立山室中部小学校や三次市立三和小学校とは,比較はできないとは思いますが,府中小学校は,確かに1年前と大きく変わってきていると思います。増井がいた頃とは比べものにならないくらい,先生方の意識が変わってきています。子どもたちも成長しています。それまでを知っているだけに,今日の公開研はよかったと思います。坂出市,そして香川は,情報教育・メデイア教育に関して,まだまだ遅れてはいますが,府中小学校が新たな核となり,研究が進んでいくと思います。中川先生にもぜひ府中小学校を応援していただければと思います。今後ともご支援ご指導よろしくお願い致します。

2. administrator — December 5, 2008 @23:46:56

増井さん,今日は公開研ありがとうございました。記事に書いたとおりで,同行したもう一人の研究員も,非常に満足しておりました。学校としての取り組みも,非常に新鮮なものがありました。
 なによりも,ICTが先でなく,普段の実践の取り組みにさらにICTを追加してというスタンスがいいのではないでしょうか。距離も近いですし,増井さんのおっしゃるように,府中小を応援いたします。今後の研究の進み方にさらに興味があります。

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.12 >>
SMTWTFS
 1 2 3 4 56
78 9 10 11 12 13
1415 16 17 18 19 20
21 222324 25 26 27
28 293031   
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2695 sec.