調査研究事業応募プレゼン

 今日が選考会だったので,10分のプレゼンを持参していざ,自治会館会議室へ。7,8件あるようで,私は,教育分野の事業ということで,計画書等の説明に乗り込んだ。
 緊張はしなかったが,選考委員の方々からは,費用の算出根拠や,事前に行っている実証実験に対する効果などの質問があった。ふと気づいたが,発表のあとの質問に答えるというこのスタイルは,学会発表と同じパターン。聞かれている質問に的確に答えるというスキルも必要であるし,ありがたいことにそれらはこれまでの学会発表等で何度も繰り返し練習できていたように思う。指定されたプレゼンタイムの終わりのベルと同時に,「これで終わります」という言葉を述べることができたのは,「グーっ」という感じ。
 ただ,今回のようなプレゼンの場合は,費用についての根拠を,正しく示す必要があることを痛感した。まあその点が少し予想できていなかったという感じであった。

DSCN2959


― posted by 本人 at 06:30 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2008.7 >>
SMTWTFS
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 1617 1819
20 21 2223 24 25 26
27 2829 3031   
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0211 sec.