プレゼンの技術というか

 今日は教育関係ではない,ある会があって,それに参加したのだが,さすがに「これはどうよ」っていう感じだった。いわゆる一般に人に役所の人(SK局)が説明するというシーン。とにかく説明が下手としかいいようがない。こんなんで給料もらっていると思ったら,落ち着かない。
 気づいたのは,説明する側(サイド)から説明しているということ。反対に教師は聞く側から説明している(というかそうしようといつも考えている)ということ。つまり,正反対の立場から,説明しているので,そりゃ聞く側はわからんだろうなあと。特に資料がたくさんある場合,説明する側としては自分の目の前の資料だが,聞く側はまずどの資料かをさがすところからはじめなければならない。
 人に物事を伝えるという作業は,基本中の基本。説明の場は慣れていても,伝わったかどうかをどのくらいフィードバックして次に生かすかは,別問題。たかが説明,されど説明である。少なくとも教師はその部分については,必要な道具や手段を譲ってはならない。説明のプロだから。

― posted by 本人 at 09:42 pm

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2007.5 >>
SMTWTFS
  1 2 3 45
67 8 9 10 11 12
1314 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
 
サーチ:
キーワード:
Amazonでのおかいものは,上記検索から
Just MyShop(ジャストシステム)
T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0146 sec.